ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2015.04.12 Sunday

吉祥寺 肉山

女子会といえば、、、、、

「肉!」

ですよね〜。


今からさかのぼること5ヶ月前、FBのある投稿から吉祥寺にある焼き肉の聖地?「肉山」へ行こう行こうという話になり、
友人達があの手この手を使って予約を入れてくれました。

なんでもとーーーーーっても予約が出来ない焼き肉屋さんなんだそうです。

それから5ヶ月間、一日足りとも忘れることなく恋い焦がれた肉山登山、とうとうその日が訪れて登ってきました。

吉祥寺駅から歩いて数分のビルディングの二階に昇るだけなんですけどね。

焼き肉屋さんですが、全部スタッフが絶妙な焼き加減に焼いてくれます。お客は口開けて待ってれば、次から次へと
魅惑の肉がテーブルに置かれます。
メニューは5000円のコースのみ。

あまりにもたくさんの肉が出てきて、どれがどれだか説明できそうもありませんので、写真の連打でお楽しみください。
合計少なくとも300グラムは食べたと思いますん。

豚、うし、馬のトリオになります。



前評判で量がすごいから飲み物は控えないと食べきれないと聞いていました。
確かにすごかったですが、大食いのせいなのか、はたまた赤身肉だった為か、すーーーんなり胃袋に
収まりました。途中安心して透明な飲料もオーダーしました。

そして〆は名物カレーライスか卵かけご飯。
カレーにはトリッパが入ってて美味しかったし、ごま油と塩で食べる卵かけご飯も美味しかった。
両方頼んでシェアして食べました。



年度末から仕事がかなりハードな状態にあって、けっこうヨタヨタしてて登山も途中下山するハメになったらどおしましょと
心配でしたが、杞憂に終わったみたいで・・・。
食べれば食べるほど元気な気分になったのでした。





で、昨日の教室で習ったフォカッチャを早速復習してみました。

作り方はワタシでも割と簡単にできて、美味しいという素晴らしいパン。

originalは次回のブログに掲載しますね。どこまでoriginalに近づけたかしら。。



 
2014.07.09 Wednesday

神楽坂 L'Atlas(ラトラス)

お久しぶりのフレンチ日記です。

仲良し4人組のお久しぶりランチ会。

神楽坂にある一軒家レストラン ラトラスさんに行ってきました。
こちらのお店、トゥールダルジャン東京店から独立してオープンしたそう。
トゥールダルジャンといえば鴨ちゃんとクラシックフレンチ♬
ランチといえどもしっかりとしたお食事頂けました。

まずはアミューズ

ゴマの絨毯の上に凍らしたトマトの飴がけがちょこんと。
ゴマたっぷり付けて、添えられたチーズクラッカーと共に頂きます。
しゃりしゃりあまーく、フッと気が抜ける瞬間でした。


もひとつアミューズ

フォアグラのソテーの上にはベリーソースが塗ってあり、その上にイカスミのお煎餅が
乗っかってます。
ベリーソースたっぷりなクリームブリュレのようなお味でした。


パン 

雑穀入りの外カリ中むっちりなパン
おかわりしたいの我慢我慢




ようやく前菜
既に酔ったのか写真が全部斜めってます。見づらくてごめんなさい。

オマールエビのコンソメとカリフラワーのブルーテ ウニと温泉卵にキャビア添え
贅沢そのものな一品で、これでもかとウニが入り、最後の一滴まで飲み干し?ました。

なぜかこれは名前までしっかり覚えてしまいました。

キレのいい白お願いします!



本日の魚料理

ヒラメのサフランソース

こってりしたアミューズと前菜の後は軽めのサフランソースにくるまれたヒラメちゃん
ソースがシンプルなんだけど美味しい。



そしてメインは
もちろん鴨さん!
じゃなくて、あまのじゃくな私はメニューにあったうずらが食べたくてウズラにしました。

ウズラって卵以外自分で料理したことありません。
だからよけい食べたくなります!

しっとりとグリルされたウズラに濃厚なジュが。赤いのお願いします!

このあたりでさすがの私もお腹がパンパンになってきました。
一品一品がしっかりボリュームあります。


こちらは王道鴨ちゃん
こちらも火入れいい具合でしたね。舌触りよかった。



デザート

いちじくのコンポートとアイスクリーム
がっつり頂いた直後なのでこれくらいがいいのですね。




とどめのプティフール

前日ホットドッグに焼き肉というヤングな取り合わせだったため、40代半ば過ぎにはここまでは
やはり無理でした。。。
お友達のおこちゃまへのギフトとして包んで頂きました。




楽しいおしゃべり満喫、お料理満喫、サービスも満喫。

元気になるよね〜。

いつも私がバッタンバッタンしてて、私の都合に合わせてくれて有り難うね!


 
2013.09.01 Sunday

オーグードゥジュール 麹町

昔の職場仲間とランチーしてきました。

麹町の老舗 オーグードゥジュールさん

日本橋にある系列のメルベィユさんは好きで何度か行ってたのですが
ふと、本店行ったこと無いぞっと思い、麹町へ。

メルベィユさんのほうもそうですが、ここのフレンチは奇をてらわないストレートに
美味しいフレンチ料理屋さんです。
マジメなお料理にマジメなワインセレクション、そしてサービスの良さでしょうか。
女性を裏切らないお店ですね。

一つ一つの素材がはっきりしており、料理の勉強にもとても役立ちます。

前菜から

生ハムのサラダ仕立てとレバーパテ。
レバーパテは大好物ちゅうのこうぶつ!
食べると生きててよかったと思える瞬間が〜!!
二品とももお肉で、がっつりと。

友人達が頼んだ前菜も素敵。


メインは鴨か鯛か悩んだ末、もうおばちゃんなので魚摂取にしましょと。
ごくフツーのまだいのポワレですがん、ブラックオリーブのソースが美味しかった!
オリーブ、エストラゴン、トマト、ワインビネガーで強めに塩をあんばいした
ソースが絶品でした。
ソースお持ち帰りしたかったくらい(笑)
ちょっと真似っこしてみます。

しっかりフレンチにはフルボディが美味しいですね。

あれこれ飲んでみたかったけど、昼間なのでボルドー一種でやめておきました。


デザートも何種類かありました。
私は軽めのすぃーつより、ドンっとバター使ったスィーツが好みなので
いちじくのタルトを。




マジメに美味しいフレンチ、いい時間を過ごしました。




そして昨日はガレラジいすみ文化センターでの上映があったのですが、、、、

凄かった。

発起人の方が信じられない動きをされ、

一日の上映の為に前売り券を600枚も売ってしまったのです。

ロータリークラブを始めとしておおくの協賛が入りました。

実際に会場に来られた方は400名あまり・・・・
凄すぎで圧倒されました。
全週まで、30人だ40人だ50人だーーーって大騒ぎしてたのに。

会場一面、ひとひとひと。
廊下に出れば高校生からシニアまでいろんなスタッフが声を張り上げて
募金の協力要請をしている。
写真集は飛ぶように売れる。。

まさに夢を見ているようでした。



関わって下さった全ての方に感謝致します。
本当に有り難うございました。

2012.12.09 Sunday

女子会 向島葡萄亭

 仲良し4人でのランチ忘年会でお江戸まで行ってきました。
選んだのは向島にある葡萄亭さん 

最初にちょっとしたサービス減点ムムムあったのですが、最後は満足満足でした〜。

先付けはスパークリングとともに  プチ皿いろいろ


濃厚なグラタン仕立てのビスク 焼きたてブレッドが進む進む ムフ


前菜 ウニのタルト これも又重厚アメリケーヌソース

メインはウズラのローストを頂きました。表面パリッと中しっとり
レンズ豆のシチューがたっぷり添えられていてワインが進むー。
しかもランチワインはall500円の素晴らしさ。500円で結構good!

最後のデザートも手を抜かない。 栗のタルトはフランスの伝統的なケーキ
で普段お目にかかれないもの。

プリフィックススタイルのコースで濃厚重厚づくしをセレクトし頂きました。
あっさり好きの友人はお野菜を主としたセレクトで、こちらも美味しそうだった。
美味しそう〜と思うのに選ぶのはいつも重厚タイプ。体型の違いはここにあるのね。

12月らしいご馳走を頂きました。美味しい食事と楽しい会話。もう何も言うことなしですね。



そして、、、又焼いてしまった。タルトタタン♬

今回はなかなかの出来映えでうれしゅうございました。
甘み、苦み、酸味がバランスよく出てくれました。でもまだまだゴールには遠い。
もっと食感も考えなくては。




2011.11.17 Thursday

伝統とウマウマの街 金沢 その二: 狂言体験 料亭体験

 昼ごはん食べて、お腹も一杯になって、お次はぶらり+文化体験へと。

金沢の中心部は便利な周遊バスがあったり、あちこちでレンタサイクルがあったりで
動くのは非常に便利な町です。

健脚であれば、歩きで充分まわれる範囲にほとんどの見所がそろっています。


ただ、道が碁盤ではなく、入り組んでいる為、地図をしっかり頭に入れておく必要があるかも。

そんな迷路ちっくの道を迷うのも旅の一つですね。











古き素敵な町並みに、しばしのタイムスリップ。。。。

ぶらりを楽しみながら、次の目的へと。

以前より興味あった能の世界に触れるチャンスにめぐり合いました。

たったの1,000円で能のお勉強が出来ると聞き、参加してまいりました。



この日のテーマは「狂言」でした。家元みずから講師でお話してくださいます。


そもそもわたひは能と狂言の区別さえ、つきませんでした。(教養無くてスミマセン

そんなわたひにも分かりやすく、基本を教えてくださいました。

能が亡くなった人のその人生の話で、狂言は生きている人や生き物のおもしろ話、面をつけるのは能、狂言は時々しか付けない。
初めて知りました。へぇーーーーーー。そうなんだ

お弟子さんの実演など見ながら楽しくお勉強できました。
お弟子さんとはいえ、この道37年!
かっこいいです




セリフの言い回しなんかも教わり、実際に家元の前で声を出したりしました〜。
緊張したけど、面白かった!

これは小道具(扇子)を使ってお酒を注ぎ、注がれたお酒を飲むシーン
扇子は徳利にも杯にも何にでも七変化します。


一時間と短い時間でしたが、とってもためになったし、面白い時間を過ごしました。



大声だして、ちょっと汗かいて、あっという間に日も暮れ、さあ、本日最大の
イベント、夕食の時間でございます!


わたひもかれこれ四十数年生きて参りまして、外見は”大人”になった訳でして
そろそろ、あこがれの料亭に足を踏み入れてもいいのではと、勝手に勘違いし
堪能させて頂きました!!

金沢でも指折りの料亭「銭屋」さんへ

今は2代目の大将が守るお店、その昔は一見さんお断りのすごいお店だったとか。

カウンターに座って板前さんとお話しながら食べたかったのと、何年も前からこの店に
憧れをもっていたので、今回念願かなって行けました♪


先付け

かにとミズナの和え物




















かにさんのしんじょう

フーワフワ



















おつくり

美味すぎなのです。























金沢の風物
香箱ガ二の酢の物

内子の味わいがなんともいえない


香箱かにとは雌のズワイかにの事です。

















ブリ大根の大根だけの上にフランス産ブルーチーズを乗せてバーナーでこんがり

あわびの肝を添えて頂きます。



ぶりの香りとチーズの香りが・・・・

うぁぁぁ大変







かにと同様、こちらも初モノで

14キロの寒ブリ!

ここまでくると

もはやため息。















カブのすり身を蒸したものの上に
これまた本家ズワイの身がこんもり!

お出汁にピンクペッパーのアクセントがもう・・・


死にそう












そろそろカニに飽きたでしょう、と、
大将が持ってきたのが

















この立ち込めるよいかほりは・・・・・????





























骨の髄までコメにしみこんだ、

たいめしぃぃぃ!

























この二代目大将さん、すごい勉強家です。

語学は堪能で、世界中を飛び回り、

日本の素晴らしき食文化を広めていらっしゃいます。

今回お店でお会いできて、とてもうれしいございました。


気さくにお話できて、美味しいお食事を頂き、
時間なんてあっという間でしたワン!




















食後の口直し

つるんとマンゴー
ラフランス




















きはめつけ、は

この茶菓子


これもこちらで作っているのだそう。


以前は有名店からとっていたお菓子だったそうですが、
お食事の後のお菓子を茶席用のお菓子を使うと、味が強すぎてダメなんだそうです。



確かに甘さ控えめでスッと溶けるお味でした。







もうお腹も心も満腹ですわん。


ほどよくビールも頂いて、ひらりひらりとホテルに帰りました。


今回のお宿はいつも行ってるレジーナの森のコテッジと同系列の
ビッグウィーク金沢

東急ホテルの最上階にあって眺めもよく、広い部屋で女子4人ゆったりくつろげました。





帰宅して大きく口を開けて待っている留守番組の為に行列の出来ない小料理屋を開店しました。

ワンズは魚スープごあん

昼寝おじさんは

前菜 赤いかの刺身 干しげんげ

焼き物 アマダイの塩焼き 

椀物  カワハギとせりのお椀

菓子  生麩まんじゅう

石川の地酒を買い忘れたので、飛騨の純米酒とともに。

昼寝おじさんのお言葉

「何回でも金沢行ってこーーーーい!!」


よっしゃぁ、何回でも行くどぉ。その言葉しかと記憶しましたぞ。




今週は魚三昧な夕食で、毎晩幸せを継続中です。材料食べつくした後が悲しい。。。。











2011.11.14 Monday

伝統とウマウマの街 金沢: その一 ”麩”

 お気楽兼業主婦なわたひですが、先週はなんだか珍しく多忙を極めておりまして(わたひにしては、ですが・・・・)、ブログも放置状態にしてしまって・・・(汗汗)


この週末は金沢へ旅に行ってきました。
ワンズ達とはしばしの別れで、仲良し女子4人旅です。

田舎モノなので土曜日出発では電車に間に合わない為、わたひは前日金沢入りにしました。
友人の一人も同行してくれました。

往復電車の旅を選びました。お得な切符のおかげでグリンカーに乗れましたの〜。fantastic!
東京(上越新幹線)⇔越後湯沢(ほくほく線)⇔金沢というルートで4時間の道のりです。

さて、金曜日の夜中に到着し、駅前のビジネスホテルで一泊して行動開始です。

まずは近江町市場へ直行し、留守番組の為の食材調達から。



もう大変、右も左も美味しい新鮮キトキト魚だらけで、わたひの目はパニック状態。
ティファニーにクリスマスシーズンに彼氏を伴って入りジュエリーを見る若き女子達と同じ目となってたはーず。
わたひには魚のウロコがDIAMONDに見えました。




カニさんも解禁になったばかりで、市場は大賑わいです。


























留守番おじさんはカニよりも魚が好きなので、

アマダイ、カワハギ、アカイカ、ノドグロ、そして加賀野菜に石川県産天然キノコを数種類ゲットし
宅急便にて我が家へ〜。
さすれば、わたひが帰宅する頃キッチンにドカンと陳列されているはずー♪


留守番おじさんとワンズ達へのお土産を早々に手に入れ、さあこれで
ウマウマ三昧を心おきなく満喫できますわぁ。





































さて、買い物終わったところで本日のランチへと。


ランチに選んだお店は

麩料理:宮田さん

お麩の製造元さんで、お昼は麩のフルコースを食べさせてくれます。


ここで全員そろいました。友人達との優雅な時間のはじまりぃ。

わたひ、生麩が大好物でございます!

普段は上等すぎて買えない麩をこころゆくまでいただきまーした!

お店の方もとても親切ですてきなお店でした。

前菜

おさしみ麩


















ステーキ



















豆と車麩の巣ごもり

麩の衣をつけて揚げた揚げ出し



















田楽〜





















五穀米に麩のそぼろ



















お吸い物ももちろん




















デザートも最高!
栗入り麩まんじゅう

最後は薬草茶で
終わりました。














ああ、大満足


さあ、これだけ食べればもう何も必要ありません!

うそです。

まだまだ続いてしまいます・・・・・うひひひ








Powered by
30days Album