ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ツマラナイ光線 | main | オチョア・レセルバ 2005年 >>
2012.06.03 Sunday

風景写真を撮ってみる

 駒込にある六義園にて写真教室の実習がありました。




風景写真は難しい。広角レンズを使い構図を考えながらファインダーを覗く。
何を主体にしてどんなラインを描くか、どこを引き算するか、光と影の使い方等々・・・・
ファインダーを通して覗く世界の無限大に頭が混乱します。

構図を考えるとカメラ操作自体がおろそかになってくるし、被写界深度を考えながらだと
今度はホワイトバランスや露出がおろそかになってくる。。。。
次から次へと問題が発生。

人間は問題山積みで、蚊にも襲われ、汗だくでヒーこらしてましたけど
公園は静かで落ち着いた空気に包まれていました。
都会のオアシスですね。





都会でもこんなに清々しい空気が吸えるとは、素晴らしいですね。



カメラを持ってゆっくり歩くと普段気づかない光のダンスにも出会えたり。







あっという間の3時間でした。



コメント
風景って難しそうですよね。
素晴らしい景色!って思って撮っても、見たそのままよりなかなかステキにならないもの。
でも上手な方が撮ると、それ以上の何かがプラスされるのだからスゴイです。

母さまの写真も、優しい雰囲気が出ているし、すがすがしい空気、光のゆらめきが感じられてステキですよ!
  • コロママ
  • 2012.06.03 Sunday 16:39
写真の一枚、一枚に、母様の汗と蚊との戦いを思いながら、
じっくり拝見させていただきました。

その様な苦労が感じられない、さりげない静けさに包まれた
素敵な写真だと思いました。

何時頃に行けば、こんなに人影のない六義園を散策できるのですか?
  • ホーリーママ
  • 2012.06.03 Sunday 22:29
コロママさん

知らないって怖いですね〜、今までは写真家の方や素晴らしい写真撮る方がどんなに大変な思いをしていたかなんてあまり意識していませんでした。
センスのいいかたがいい写真を撮るものだと思っていました。反省
センスは緻密な計算と努力の上に生まれるものだったようです・・・
もちろん生まれつきの”モノヲ見る目”を持つ方もいらっしゃいますが。

犬と一緒に自然を歩きながらボチボチ撮れるようにがんばりますです!
励まし有難うございました。
  • agaudi
  • 2012.06.04 Monday 08:29
ホーリーママさん

じっくり見るようなものでは無いのでお恥ずかしい限りです。
ママさんがヨガを十数年続けていらっしゃって、その継続の力の
偉大さを感じますので、私も下手でも継続しなければー。(笑)

六義園は桜の時期は凄い人だかりになるようです。
今の時期はそこそこ人はいましたが多くないみたいです。
ワンコの入場は出来ないそうです。
でもワンいたらゆっくり見れませんから、入れないほうがいいかな(笑)

  • agaudi
  • 2012.06.04 Monday 12:13
昔、六義園の飛びしで足を滑らせて、池ポチャした事がある。
こんなに綺麗なところだったのね。
たしかに、景色って実際に見たのとレンズから覗いたのとでは凄く違うよね。
それは素人でも分るから、ははみたいに本格的に習っていると、
もっと感じるんでしょうね。
でも、凄く素敵な写真よ〜♪
↓のオリこんあずもすごくよかった。
ハハ、腕あげたよね〜。
雪ママさん

あそこの飛び石ね、うんうん、確かに池ポチャする人いるかも〜。
池ポチャしたせいでゆっくり鑑賞できなかったの?気の毒にーー。
ママは特別に写真センスが備わってるタイプのニンゲンだから
もっと写真撮ってーーー。特技活かさないとモツタイナイ。
芸術センスにたけてるんだにゃ。

オホメ有難う!!お世辞と分かっててめっちゃうれしい。だってお世辞部分は
すぐ忘れちゃうからね!オホメだけが脳みそに残る(笑)
  • agaudi
  • 2012.06.05 Tuesday 08:15
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album