ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 羽鳥湖キャンプ | main | 羽鳥湖キャンプ2日目 >>
2012.08.04 Saturday

一宮町花火大会



 羽鳥湖キャンプ二日目のお話の前に、、、



今日、隣町の一宮町の花火大会があり、写真撮りに行ってきました!

花火写真は難しいでした〜。
来週末に花火大会を撮る講習があり、参加する予定なのですが、予行演習ということで。


今年は東北応援という事で宮城県の花火師さんによるものだそうです。











ずうずうしくも、時々お邪魔するカフェの駐車場をお借りし、無事に駐車出来ました。
Haleさんどうも有り難うございました!

田舎の花火大会は道を選べば渋滞もそんなに無いし、撮影場所取りもすんなり出来ましたし
楽ちんでしたよ〜。全てがのんびりした空気でした。

話しに良く聞く撮影場所をめぐる血みどろの戦いはまだ経験ありませーん。




JUGEMテーマ:Nikon D7000
コメント
う〜ん、とっても素敵。
これで、予行練習ですか?

ずーっと写真を見ていると、深海のクラゲや生物に
見えてきました。
神秘的な感じもします。
(深海の不思議さも好き。)
  • ホーリーママ
  • 2012.08.05 Sunday 07:48
写真、ステキですよ。
水に映る花火や灯りもきれいですね。
場所取り争いをしないでいいのがなにより。
講習後の写真も楽しみにしていま〜す!
  • コロママ
  • 2012.08.05 Sunday 08:34
ホーリーママさん

大きさや模様によって明るさが違ってくるので本当は設定を変えながら撮ったほうが断然いいのですが、手際もウデも悪いので定点観測のように撮ってしまいました。
来週お勉強してきます〜。
そうそう、私もクラゲや深海生物に見えました。
地表より上も下も神秘的で興味ありますよね!
  • agaudi
  • 2012.08.05 Sunday 18:14
コロママさん
まだまだ難しい世界です。もっと迫力ある感じで撮ってみたいです〜。

東京あたりの大花火大会と違って、のんびりムードのおかげで気持ちよく
鑑賞できました。
場所取りとかは性格的に出来ないです〜、何しろ、根性なしなもので(笑)
もうすぐ長期軽井沢ですか??
私達は斑尾に行きます。
  • agaudi
  • 2012.08.05 Sunday 18:18
さすがだなぁ〜
本当、予行演習とは思えないよ。
水面に写り込んでいるのもいいね〜
ちっちゃなのが色とりどりにいっぱいなの可愛くてよく撮れてますね。本当、花火は難しい。。。
って、何もマスターできてないんだけど・・・

花火・・・リビングから撮ってる私は根本的にダメだよね(笑)

これからもいろいろと見せてください。
勉強になります!
  • 天雪
  • 2012.08.06 Monday 23:17
予行演習であなに素晴らしいとは・・・(^_^;)
川面に写った花火がよ〜い(^-^)
プロパティなど・・・(^-^)
講習会後の講習をぉ。

当地花火大会15日。
場所取りなっし(笑)
  • px3
  • 2012.08.07 Tuesday 20:02
天雪さん

一度設定したらもう変えられないから定点観測になっちゃったよ〜。
リビングから見えるってなんて贅沢なんでしょ!!
ゆっくりビール飲みながら天と雪ちんなでながら見れる贅沢がいいわぁ。
花火大会となると音がすごいし人もすごいからワンズは連れては行けないものね。
レリーズ買ったのね、私持ってないのよーーー。ほすい。
  • agaudi
  • 2012.08.07 Tuesday 20:41
px3お師匠さま

有り難うございます!ほめて頂けるととても舞い上がります!!(笑)
プロパティは以前通っていた浅草の先生に教わったものです。
マニュアルモード
シャッター速度 8秒
絞り 11〜13
焦点距離 無限大

この設定で全ての写真をとっております。レリーズ持っていないので
指でシャッターボタン切ってます。レリーズあったらもっとブレずにすむのでしょうね。

場所取りなし花火大会は楽でいいですね。

講習会がんばってきまーーす!
  • agaudi
  • 2012.08.07 Tuesday 20:46
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album