ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 雪遊びと福島食サミット 前編 | main | 苺と甘夏のコンフィチュール >>
2015.03.24 Tuesday

雪遊びと福島食サミット 後編

題名でばれてますが、行ってきたイベントは”ふくしま食サミット”







☆☆以下福島民報より抜粋
福島県内の生産者と国内一流料理人、消費者が交流するイベント「ふくしま食サミット」は21日、郡山市の郡山ビューホテルアネックスで開かれ、料理人によるパネル討論や、県産農林水産物を使った料理教室などを繰り広げた。
 本県の食を応援する活動に取り組んでいる食大学、県の主催。県産農産物の魅力を発信し、風評払拭(ふっしょく)などにつなげようと初めて企画した。
 パネル討論では、「県産農林水産物の魅力と足りないもの」をテーマに「分とく山」総料理長の野崎洋光さん(古殿町出身)、「ラ・ブランシュ」オーナーシェフの田代和久さん(川俣町出身)、「KIHACHI」レストラン部総料理長の鈴木真雄さん(郡山市出身)、「シェやまのべ」オーナーシェフの山野辺宏さん(いわき市出身)が意見交換した。野崎さんは「地元の物を食べるのが大切。生産者は自分の言葉で作物の良さを伝えるべき」と話した。
☆☆☆☆☆


福島県出身で日本を代表する料理人達が一同に集まりトークや料理教室などが行われました。


生産者さんと行政と料理人 三位一体での取り組みによりフクシマ食材の魅力をアピール。その他食の安全の真意や
フードマイレージについて分かりやすく説明してくださいました。

丸一日食に関するイベントが続いていた模様です。

各分野のシェフ達がふくしま食材を使ってつくった限定ランチもあり、嬉しい事にワタシの教室の生徒さんが並んで
ランチ権をゲットしてくださいました。
おかげで分とくやま野崎シェフの特別ランチを頂くことができました!
とても美味しくボリュームも満点なランチが1500円で頂く事が出来、こっそりふくしま地酒を飲んでしまいました。

野崎さんとラ・ブランシュ(渋谷)田代さんと


そしてマルシェではふくしま食材をたんまりゲットして、羽鳥湖に戻り、ご一緒したご近所さんと遊びに来てくれた
ワン友さんとで夜は大宴会を開きました。
そうそう、帰り道でしっかり地酒も手に入れたので、飲み物もふくしまで!

新鮮野菜を中心としたつまみをもりもり食べながら、ぐびぐびぐびぐびと地酒地酒地酒・・・・・・

みんなすっかり出来上がってお開きとなりました。

さて翌朝は。。。

一人はしゃぎ過ぎで天がぐるぐる回っちゃった方がいらっしゃいましたので、覚醒するまでゆっくり
してましょうとなり、回ってない人間とワンズは雪遊びに出かけたのでした。(^0^)

故にワンズは雪を堪能出来ちゃった訳なのです(前編より)。。。。。笑

ご安心下さい、回っちゃった方も昼前には元気に起きてきて無事帰宅の途につきました。
酒気帯び運転では無かったハズです!

今回のイベントでいろいろお気遣い戴きましたTさま、ご一緒してくださった皆様、
どうも有り難うございました!
写真近いうちに送りますからね〜


4月から教室も再開します。
食についてひとしきり考えさせられました。
命がけで福島の食を守る方々のお手伝いがほんの少しでも出来るのなら嬉しい限りです。
風評被害を軽減したいさせたい。
ワタシに出来る事はほんの小さな活動ですが、2年目と繋がった事が何より有り難く、大事に大事にしていきたいと
思います。

今年度も美味しい時間を生徒さん達と共有していきたいです。
よろしくお願い致します。


 
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album