ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 神様に会いに | main | パニック寸前 >>
2011.09.10 Saturday

おひとりさま

 先日の出張時の出来事。

お楽しみの外ランチタイム。さあて、何食べましょか。

  <がっつり食うどぉ〜!>

みかけだおしのパスタランチも食べたくないし、店はオサレだけど美味しく無いオムライスもいやだし化学調味料だらけの中華もイヤじゃ。それに蕎麦じゃ力が出ない。

<よっしゃトンカツだだだ。とんとん共食い♪>



お店に向かうと、
時間がちょうどお昼どきだったので店内は満席らしく7、8人並んでる。
並んでる人みんなオッサン。

一度決めたらもう頭の中カツだらけなので、きちんと並びました。

待つ事十数分、
「次お一人でお待ちのお客様〜、どーぞぉ〜」と呼ばれて店内に入ったら、
お客さん全員又オッサン。建設現場が近いらっしく、半分はソレ系のおじさま。

一瞬ひるんだものの、カツの誘惑には勝てる訳なく、
「お願いしまーす、黒酢おろしロース定食!」

隣で食べてたオッサンが
「キャベツ、みそ汁、ご飯おかわり〜」と言うと

負けじと
「すみまあせーん、私もキャベツおかわり、多めで!」



結局最後まで女性は誰も入ってきませんでした。珍しいですよね。
何人かは普通いるのに。

たくさんのお客様に会う日だったので、普段より厚化粧!をし、少しヒラ〜っとした
ワンピース(かなり無理があった?)を着て、ハイヒールないでたちの私はかなり
目立ったみたいで

「厚化粧のオバハン一人でガツガツとんかつ食ってるなあ」

目があったオッサマの顔が申してました。。。


トンカツに神経が集中していたので、多分すごい形相で食べていたらしい(汗)



20年前だったらオッサンだらけのガテンなお店に一人で入れたかしらん。

もう昔過ぎてわすれてしまったね。

皆さまはどうでしょう????




コメント
あっぱれ、ははさま、かっこいいわ〜〜〜。
周りのオジサマもそう思ったんじゃないのかな?
「えらく威勢のいいおね〜ちゃんが入ってきたで」って。

おひとりさまトンカツ、やったことないな〜。
黒酢おろしロース定食、美味しそう!
  • コロママ
  • 2011.09.11 Sunday 21:44
コロママさん

かっこよくないでーす。食い意地張りすぎて困ってます〜(笑)
確かうら若き20代は小ぎれいなところしか一人では入れませんでした。
神経が鈍くなるって恐ろしいですね。
コロママさんはトンカツはロース派ですか?それともヒレ派?
悩む二択ですよね。
  • agaudi
  • 2011.09.12 Monday 08:11
ムリムリ、入れない。
食慾が勝ったって事よね。
流石と言うか、なんと言うか。
やっぱ、カッコイイ〜〜だね。

そのヒラ〜としたワンピースにハイヒール。
どっちかと言うと、そっちの方が想像つかないわ。
雪ママさん

上の日記でなぐさめてくれてありがとう!
お礼を書くの忘れちゃったから、ここで。

ヒラ〜にハイヒール、想像出来ないでしょ。
田んぼで鍛えた大根さんを無理やり突っ込むのだからヒールがワナワナするのよ。
ヒラ〜もよく見ると、小豆のよだれがついてたりして、カピカピだったり(; ̄O ̄)

食欲講座だったら優等生よ。
  • agaudi
  • 2011.09.12 Monday 20:47
食べたい! って思ったら突入ですよね! わかります!

私もよく一人で店に入りますが、立ち食いそばとランチのとんかつ屋さんは おじさんが多いですよね。

だけど、まだガテンなおじさんに囲まれての食事は経験ないなぁ〜 
 
私はおじさんおばさんの姿なので、わりと溶け込んで食事してる…?かな と思っていますが、ヒラ〜っにヒ〜ルで厚化粧でしょ!

きっと、おじさま方は動揺されたんじゃないかしらん・・・・

ガッツリ食べて午後からも頑張らなきゃね!







  • 迷太郎ママ
  • 2011.09.13 Tuesday 12:17
迷太郎ママさん

食べたいものは食べたいですよね。
立ち食いそばも最近は女性一人のお客さん増えてきましたね。
私も普通に入ります!でもあの味で350円とか450円って高い気がしません?
って文句ばかり言うただのおばさんでしたー(笑)
  • agaudi
  • 2011.09.14 Wednesday 05:27
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album