ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 泥棒と毒キノコ | main | 祭りよりごはん? >>
2011.10.06 Thursday

犬との暮らし


ずいぶんさぼってしまいました。
季節の変わり目と秋のアレルギーで 鼻はジュルジュル、くしゃみは止まらず、
口の周りはヘルペスだらけ〜
なんだかんだとだるーい毎日を過ごしておりました。

でも、でもですよ、私のだるいのなんてノミの糞みたいなもんですね。

この子の苦しみといったら。。。。。こちらのブログをご覧ください

だんぺい君、我が家のオリーブと同じ犬種のイングリッシュセターです。
お目々がくりくりしてて、愛くるしい顔してるのに、状態はひどすぎます。


彼の体をこんなにボロボロにしたのは私と同じ人間です。




うちのヘラヘラした3匹はみないわゆる保護犬という肩書きを持つ子です。

昆布は動物愛護センター(一般的に保健所に捨てるという会話に出てくる場所の事です)に
二度持ち込まれた子です。

小豆は猛暑の8月に焼けただれるような千葉県の海岸に捨てられてて、もう一匹
瀕死の状態だったコーギーちゃんと共に心ある方に救われた子です。

オリーブも愛護センターに持ち込まれた子です。

昆布もオリーもガス室に行く手前でボランティアさんの手により救い出されました。

そしてボランティアさんのところで手厚い手当を受けて我が家にやってきました。


最初に昆布が我が家にやって来て、翌年小豆、その翌年オリーブと3年続けて
ワンが増えた訳ですが(汗)

最初からうまくいく訳ではないですよね。それぞれ良くも悪くもクセがあるし、
彼らにしてみたって、我が家の人間を信用に値するかどうか見極める時間が
必要でしたでしょうし。

無心にお世話させて頂くのって最高に幸せなんです〜
子犬から飼ったっていろんなトラブルを乗り越えて絆深めていく訳でしょう。
成犬から飼っても同じ事です。

ワン達が私達の存在価値を認めてくれて、満面の笑顔で寄り添ってくれる瞬間、
苦労なんてあっという間に忘れてしまうのです!!


本当は私個人の気持ちとしては「保護犬」という言葉を使ってこの子達の
話をするのは好きではありません。
でも、人間の身勝手さから、毎年何千、何万というペットがゴミのように
捨てられてしまいます。
彼らはモノではありません。人間と同じ赤い血が流れています。

大きくもなるし、病気にもなる。お金もそこそこかかる。

飼う事を決めたとき、それらは理解出来てたはずでは??


ペットショップのショーウィンドウで愛くるしい姿をしているのは生まれてまもない
ほんの一時です。商品価値が一番高いとか?

あの子達は人間の欲の為に生まれてまもなくママから離されてペットショップに
やってきます。
動物を飼った事が無い人でも、それが意味すること何となく分かりますよね。
どんな動物でも親と過ごすべき時間というものがある。
それを人間のエゴによって時間を狂わされてしまう。

ママはママで何度も何度も妊娠させられ、小さい体で出産を何度も繰り返し、
価値無くなったら捨てる。
こういう業者も少なくないようです。
小豆は何度も妊娠した形跡があるので、多分そういう経緯だと思います。


すみません、書き出したら止まらなくなってしまいました。
アルコール入ってないのに頭カッカしてしまった。


もちろん正しい繁殖、種の保存をしているブリーダーさんだってたくさんいらっしゃいます。

そして一番大事なのは飼い主の責任ですよね。

家族にしたら、大事にかわいがる。これ当然で当たり前なこと。

可愛がってるとね、ほんとほんとにいい子になるの。
そして幸せ何百倍にもしてかえってくるの。

だから「保護犬」という言葉も積極的に使いますよ〜。





だんぺい君だって、当初は大事にされていたはずなのに・・・・・・・(だと信じたい)
優しいお目目。気立てがすごくいい子みたいだし、まだあどけない。
ギューッって抱きしめたいな。



おばさんは悔しい。


いい里親さんが見つかりますように。









ぼくねー、
えばっててもいいんだって!






















勝手にえばってれば?
あたしには関係ないしぃー。

あれ、ライバルの写真無いわ。

うひひ、



ごめんアズ、真っ茶色だから写真撮れなかったわ。
コメント
はは、大丈夫?
首から上に集中してるの?
無理しないでお大事にね。

だんぺい君の様子を見てきました。
けな気に頑張っているね。
今日、病院に行ったら、保護犬のボランティア募集の広告があって、
パンフを貰ってきたの。
私に何ができるかわからないけどね。
この前、ペットショップで、若いカップルが「きゃぁーこの子可愛い〜買っちゃおうかな〜」って軽い感じ言ってるのを聞いて、ドキっとしたの。
だから、おばさんパワーで、犬を飼う事はこういうことなのよと諭しました。
ショップには申し訳ないけど、言わずにはいられなかった。

オリ昆あずは、いい人にめぐり合えて幸せ。
だんぺい君もきっと赤い糸を手繰り寄せてくれる人がいるはず。
応援します。
ははさま、大丈夫〜?
そういえば、今朝コルクも草の中でクシュンクシュンしてました。

私も、だんぺい君のあどけないお顔を見て、心をつかまれてしまったわ。
あのまっすぐなお目々、なでてもらうの大好きだよ!って言っているようなあのお顔はもうたまりません。

なんであんな可愛い子にこんな酷い仕打ちが出来るんだろう?
幸せになって欲しいな〜。

雪ママさん↑、いいことをしたわね!
きゃあ〜カワイイ!のノリで飼って欲しくありません。
  • コロママ
  • 2011.10.07 Friday 17:07
雪ママさん

結構一年中アレルギー体質ってめんどくさい。この時期は空気の感想がつらいのでーす。
でも食欲だけは前回なのはなあぜ?

いろんな形でのボランティアがあるよね。
直接関わらなくても間接的に関わってるから、ママも既にボラさんよ〜。
動物ってかわゆくて仕方ないのに、どーして無関心になれるのかさっぱりわかならい。

ママいいことしたね。
ほんと、ペットショップに来てる人達のどれくらいが、最後まで責任もてるのか
不安になったりします。
  • agaudi
  • 2011.10.09 Sunday 09:01
コロママさん

わたしもだんぺい君の瞳に吸い込まれそうになりました!
ちゃんと飼ってあげれば素晴らしい子になるに違いないわんこですね。
これ以上はうちは無理だし、あの子には長時間留守番させられない。

べったりびったりお世話してくれるすてきな飼い主さんが見つかりますよね。
体の具合は悪そうだけど少しでもこれから長生きしてもらいたい。
元気に走れるようになるといいなと心から思います。
  • agaudi
  • 2011.10.09 Sunday 09:06
私も、だんぺい君の健気さが、心にズシンときました。

人間を、恨みもしない澄んだ瞳が、とても切ないです。

見えないところで飼い殺しや、虐待がどれだけ行われて
いるかと思うと、心が凍りつきます。

まだ、公の場に飼いきれなくなったと
持ち込んでくれる方が、生きる可能性がまだあるように
思います。

だんぺい君には、絶対幸せになって欲しいですね。
  • ホーリーママ
  • 2011.10.09 Sunday 09:30
今頃ですが、初めてのコメさせてください。
そして、何時頃書き込みしてんだ?って感じですが(汗)
ははさまは、きっと起床時間が近いことでしょう。

アレルギーの季節ですよね。乾燥をしみじみと感じております。
ダンナは鼻の奥が痛いとほざいてますし。

昨日、ワンズの買い物に行ったのですが、そこで6ヶ月になるマルの男の子に家族ができる瞬間に遭遇しました。
夏前からいた子なのだけど、マルと言うことで気にしていました。どんどん値が下がっていきどうなるのだろう、、、と不安に思っていたのです。
とてもワン好きのご家族のようで、お父さんに優しく抱きしめられて笑顔になっている様子を見て、主人ともどもとても嬉しくなりました。
たまたま、お店のオーナーさんと思われる方とお話をしたのですが、その方は何度か保健所に送られる子を救出したとか。本当に、軽い乗りで買わないでほしいと言われていました。

長文になりました。すみません。
嬉しい場面に遭遇した半面、不幸な子達が大勢いることを思うと、、、
何もできませんが、うちの子達を一生懸命守ろうと思った日でした。
  • 天雪
  • 2011.10.10 Monday 03:33
ホーリーママさん

飼い殺しは一番恐ろしいですね。拷問以外のなにものでもない。
自分をその子に置き換えて考える事がちょっとでも出来ないのでしょうか。
あんなになっても人を信じられる大きすぎる心に腹もたったりしました。
大声で吠えて騒いで荒れて、近所の人達に気づいてもらえるようにしなかったのか、とか。
でも健気に生きてきたのは、次に出会う飼い主さんの縁を信じて待っていた
為なのかと思うに至りました。
きっと強力な赤い糸があると信じています。
  • agaudi
  • 2011.10.10 Monday 08:27
天雪さん

コメント有り難うございます!
こんなブログでおはずかしー限りですが、これからも時たま訪れてくださいね。

そのお店のオーナーさんはいい方ですね。ペットを取り扱う全ての業者さんが
その方のような心のあり方でいたらいいのに、と思います。
そう、売れ残ったペットちゃんの行く末ってすごく気になりますよね。
生き物なのに、お店によっては、2万円ぽっきり、とか赤札が付いてしまって
前日の売れ残りの豆腐みたいに扱われている。

飼う側の責任もそうですが、売る側の責任が一番重要ですよね。
そこに厳しい規制をかけなければ、不幸なペットが減ることはないと思います。
安易に売ってるから安易に飼ってしまうという事も多いはずです。

そう、自分の我が子を大事にかわいがる。それだけでいいんですよね。
私がお世話になっているトレーナーさんは
「可愛がってりゃいいんだよ、可愛がってりゃなんとかなるんだ、難しい事は
何もない」
これが口癖なんです。でもその通りだなあと思います。

だんな様もアレルギー持ちですか。そうそう、鼻の奥とかベロの付け根とか
痛いんですよー。気持ちすごく分かります!!!(笑)
お大事にです。


  • agaudi
  • 2011.10.10 Monday 08:38
保護犬飼育のこんぶ家は
幸せもんよ。
何故?
あんなに楽しい生活をさせていただいているんだも〜ん。

私も今まで何頭か引き取り一緒に生活し、おくりました。
出所(でどころ)がどこであろうが、家族になってしまえば皆同じ
ちゃらちゃらと遊んでいますー。

昆布ちゃんかわいぃ。オリたんもかわいぃ。
愛犬UPは平等にぃ(笑)
  • px3
  • 2011.10.11 Tuesday 08:36
だんぺいくん かわいいね〜。
ここが借家でなければ今すぐにでも だんぺいくんを引き取って
抱きしめてあげたいです。

早く安心と幸せな気持ちを感じで欲しいなぁ。

迷太郎は重症なフィラリアの持ち主でしたが、一年間フィラリア感染予防剤を飲ませたら軽症になりました。

また、散歩も心臓の負担になるから控えめに・・と医者からは云われていましたが、大型犬なので そういうわけにはいかんでしょ!!
と思い当たり前に散歩をさせていましたが、全く問題なしです。

きっとオリあずこぶちゃんや迷太郎のように 元気になると思います
だから本当に一日も早く飼い主さんが見つかると良いです。

我が家も兄弟を増やしたいな〜と思っているので、九州に帰ったら
できるのですが・・・・今の私は無力です カナシイ
  • 迷太郎ママ
  • 2011.10.11 Tuesday 13:29
px3お師匠様

ほーんと、あの子達と暮らせて最高に幸せです!
捨ててくれてありがとーとも思ってます。(笑)
出所なんて関係ないけど、世の中にペットとして生まれたわんにゃんがみんな
家族とともに楽しく暮らしている世の中になってほしいなあと思います。
病気とか、高齢になったとかで捨てないでほしいです。
  • agaudi
  • 2011.10.11 Tuesday 20:00
迷太郎ママさん

だんぺい君かなりキュートですよね。ググッときてしまいます〜
めいちゃんもフィラリアでしたか。かわいそうに。
うちは昆布が強陽性で、なかなか死に絶えてくれませんね。
でもかなり軽傷になってきました。
そうですよねー、運動したいのにさせないのはイヤですよね。
本人(犬)が楽しそうにしてる分にはいいと、私も思います。
こんどめいちゃんとうちの3匹とで遊ばしたいですね〜。
小豆は遊び上手ですが、あとのは人見知りだったり、攻撃的だったりで
めいちゃんには迷惑かけそうですが(汗)
ママさんもめいちゃんを引き取って大事にしてるじゃないですか〜
全然無力なんかじゃないですよ!!
  • agaudi
  • 2011.10.11 Tuesday 20:05
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album