ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 伝統とウマウマの街 金沢: その一 ”麩” | main | 有り難い?トラブル >>
2011.11.17 Thursday

伝統とウマウマの街 金沢 その二: 狂言体験 料亭体験

 昼ごはん食べて、お腹も一杯になって、お次はぶらり+文化体験へと。

金沢の中心部は便利な周遊バスがあったり、あちこちでレンタサイクルがあったりで
動くのは非常に便利な町です。

健脚であれば、歩きで充分まわれる範囲にほとんどの見所がそろっています。


ただ、道が碁盤ではなく、入り組んでいる為、地図をしっかり頭に入れておく必要があるかも。

そんな迷路ちっくの道を迷うのも旅の一つですね。











古き素敵な町並みに、しばしのタイムスリップ。。。。

ぶらりを楽しみながら、次の目的へと。

以前より興味あった能の世界に触れるチャンスにめぐり合いました。

たったの1,000円で能のお勉強が出来ると聞き、参加してまいりました。



この日のテーマは「狂言」でした。家元みずから講師でお話してくださいます。


そもそもわたひは能と狂言の区別さえ、つきませんでした。(教養無くてスミマセン

そんなわたひにも分かりやすく、基本を教えてくださいました。

能が亡くなった人のその人生の話で、狂言は生きている人や生き物のおもしろ話、面をつけるのは能、狂言は時々しか付けない。
初めて知りました。へぇーーーーーー。そうなんだ

お弟子さんの実演など見ながら楽しくお勉強できました。
お弟子さんとはいえ、この道37年!
かっこいいです




セリフの言い回しなんかも教わり、実際に家元の前で声を出したりしました〜。
緊張したけど、面白かった!

これは小道具(扇子)を使ってお酒を注ぎ、注がれたお酒を飲むシーン
扇子は徳利にも杯にも何にでも七変化します。


一時間と短い時間でしたが、とってもためになったし、面白い時間を過ごしました。



大声だして、ちょっと汗かいて、あっという間に日も暮れ、さあ、本日最大の
イベント、夕食の時間でございます!


わたひもかれこれ四十数年生きて参りまして、外見は”大人”になった訳でして
そろそろ、あこがれの料亭に足を踏み入れてもいいのではと、勝手に勘違いし
堪能させて頂きました!!

金沢でも指折りの料亭「銭屋」さんへ

今は2代目の大将が守るお店、その昔は一見さんお断りのすごいお店だったとか。

カウンターに座って板前さんとお話しながら食べたかったのと、何年も前からこの店に
憧れをもっていたので、今回念願かなって行けました♪


先付け

かにとミズナの和え物




















かにさんのしんじょう

フーワフワ



















おつくり

美味すぎなのです。























金沢の風物
香箱ガ二の酢の物

内子の味わいがなんともいえない


香箱かにとは雌のズワイかにの事です。

















ブリ大根の大根だけの上にフランス産ブルーチーズを乗せてバーナーでこんがり

あわびの肝を添えて頂きます。



ぶりの香りとチーズの香りが・・・・

うぁぁぁ大変







かにと同様、こちらも初モノで

14キロの寒ブリ!

ここまでくると

もはやため息。















カブのすり身を蒸したものの上に
これまた本家ズワイの身がこんもり!

お出汁にピンクペッパーのアクセントがもう・・・


死にそう












そろそろカニに飽きたでしょう、と、
大将が持ってきたのが

















この立ち込めるよいかほりは・・・・・????





























骨の髄までコメにしみこんだ、

たいめしぃぃぃ!

























この二代目大将さん、すごい勉強家です。

語学は堪能で、世界中を飛び回り、

日本の素晴らしき食文化を広めていらっしゃいます。

今回お店でお会いできて、とてもうれしいございました。


気さくにお話できて、美味しいお食事を頂き、
時間なんてあっという間でしたワン!




















食後の口直し

つるんとマンゴー
ラフランス




















きはめつけ、は

この茶菓子


これもこちらで作っているのだそう。


以前は有名店からとっていたお菓子だったそうですが、
お食事の後のお菓子を茶席用のお菓子を使うと、味が強すぎてダメなんだそうです。



確かに甘さ控えめでスッと溶けるお味でした。







もうお腹も心も満腹ですわん。


ほどよくビールも頂いて、ひらりひらりとホテルに帰りました。


今回のお宿はいつも行ってるレジーナの森のコテッジと同系列の
ビッグウィーク金沢

東急ホテルの最上階にあって眺めもよく、広い部屋で女子4人ゆったりくつろげました。





帰宅して大きく口を開けて待っている留守番組の為に行列の出来ない小料理屋を開店しました。

ワンズは魚スープごあん

昼寝おじさんは

前菜 赤いかの刺身 干しげんげ

焼き物 アマダイの塩焼き 

椀物  カワハギとせりのお椀

菓子  生麩まんじゅう

石川の地酒を買い忘れたので、飛騨の純米酒とともに。

昼寝おじさんのお言葉

「何回でも金沢行ってこーーーーい!!」


よっしゃぁ、何回でも行くどぉ。その言葉しかと記憶しましたぞ。




今週は魚三昧な夕食で、毎晩幸せを継続中です。材料食べつくした後が悲しい。。。。











コメント
胃袋がグーグーグー
しかし、昼寝おじさんへのメニューもすんばらすぃ〜ではないですか!
さすがでございます〜♪
能と狂言の違いなんて考えたこともなかった(汗)
  • ぷりんママ
  • 2011.11.17 Thursday 15:20
料亭もおうち小料理店も、とってもすばらしくて想像するだけでワクワク!
写真見てるだけで幸せな気分になっちゃいます♪
金沢の名高い海の幸がいっぱい・・・ゴクリッ。
茶席用のお茶菓子は味が濃すぎるとは・・・なるほど、どこまでも繊細な芸術作品みたいですね。

狂言・・・高校生の時に学校で連れて行ってもらった気がするけどよくわからなくて寝てしまった、今思うと本当にもったいないことをしました。
確かお題は「ぶす」でみんな盛り上がってたっけ・・・
  • クリスチーネ剛田
  • 2011.11.17 Thursday 17:25
いや〜大人の旅ですな。
今まさにそんな旅がしてみたいです。
今度女子会の旅はこんぶトラベルに企画お願いしたいわ〜(笑)
金沢はやはりウマウマの宝庫ですね。
料亭の繊細なお料理・・・家庭では出せないお味・・・
すばらしい写真で・・思わずヨダレが・・・

旅を思いっきり満喫した後のチチへのフォローがすんばらしい!
次へつなげてますねっ。。そこ大事!

ちなみに私も高校時代にクリスチーネさんと同じ狂言「ぶす」鑑賞しました。
な〜んにもわからなかったけど・・・初心者向けなのかな〜



  • レアママ
  • 2011.11.17 Thursday 18:40
ぷりんママさん

同じ日本で、どおしてこんなに違うのかってくらい、食材の宝庫でした。
あちらでは普通にスーパーにおいてある魚もめっさ新鮮なんですよ。
空気もいいし、冬は雪や雨続きで厳しそうだけど、長期滞在してみたい町でした。
昼寝おじさんへのおみや、点数稼ぎですよん(笑)
  • agaudi
  • 2011.11.18 Friday 08:04
ワンズをおいてどこへ・・・?と、思ったら、金沢でしたか。
ズワイガニも解禁で、ほんとうに美味しい旅でしたね。
女子会の旅、楽しそうです。夜、眠れましたか?
私は20歳までカニやお魚があまり好きではなく、金沢で生まれ育ったのに、
今では悔やまれます。
祖母がお謡いをしていて、毎日聞かされていたので、今では音痴になっちゃった。

お茶の主菓子は懐石料理の前に食べるものだから、食後のデザートには
合わないのでしょうね。それで軽くしてあるのでしょう。

来週、主人が金沢に行くと言っていましたが、
買い出ししてきてくれるかな〜
  • ホーリーママ
  • 2011.11.18 Friday 10:16
クリスチーネ剛田さん

美味しいものって食べ終わった後、なんか物悲しいですよね、私だけ?
ああ、終わっちゃっ、みたいな。
お腹いっぱいだとうれしい反面、もう食べられないという卑しさが全身を
めぐります。やっぱ修行が全然足りませーん!

ぶす、たろうかじゃ、じろうかじゃの話ですね!
そうそう、子供の頃は良さがじぇんぜん分かりませんよね。
今ならもっと知りたいなあ、って思います。
  • agaudi
  • 2011.11.18 Friday 12:05
楽しそうだわ〜。
大人旅だったのね。
能と狂言に違いがあったなんて、知らんかったわ〜。
勉強になりました。
で、どういう言い回しを習ったの?

友達同士の旅っていいよね。
それも、金沢でしょ〜
今の年齢だからこそ楽しめた伝統と食だよね。

お家には、美味しい魚たちとワンズが今か今かと待ってたでしょ?
おっと! 昼寝おじさんもいたね。

は〜〜〜、ため息………。
金沢の食文化は素晴らしいですね。
行列ができない小料理屋も十分魅力的!
「何回でも行ってこ〜〜〜い!」 のパパさんのお顔が目に浮かぶわ(^_-)
  • コロママ
  • 2011.11.19 Saturday 09:27
レアママさん

こんぶトラベルでよければいつでも〜どおぞ〜、お安くやりますよー
でも責任持てませんですよ(笑)
大人の旅っていいですね!
20代の頃から仲良し同士でお金積み立てしてたのです。
なので贅沢な旅を満喫できました。
そうそう、昼寝おじさんへのフォローが大事なのですよね。
お土産代はほとんど魚に使いました(笑)

ぶすってトリカブトの毒の事なんですね、最近知りました!
  • agaudi
  • 2011.11.20 Sunday 10:14
ホーリーママさん

ママさんのご実家ですよね。うらやましいです。
でも子供の時に自分の住んでる場所が他と比べてダントツに美味しいところなんて
気づくわけも無いですよね。だいだい後から気づく。それは当然ですよー。
でも帰郷すれば美味しいものが手にはいるし、確実にママさんのなかで
知らず知らすのうちに伝統が受け継がれていると思います。
だつて、ママさんの作るお料理とかお菓子ってほんとに上品で美味しいんですもの!

金沢のお菓子文化にも脱帽でした。
和菓子好きの私としては一軒一軒食べ尽くしたい感じが。。。。。
  • agaudi
  • 2011.11.20 Sunday 10:24
雪ママさん

能体験面白かったよー。
セリフ(っていうのかな?)の言い回しとか習って、実際に大声だしたわぁ。
一人一人やるからちょっと恥ずかしかった!
あと立ち姿、歩き方とかね。ゆっくりな動作でもけっこう汗かくの。
当たり前だけどむずかしかった。

おばさんになると楽しいこといっぱいあるのね。
若いときには出来なかった楽しみがいっぱいで、歳をとるのが楽しくなってきた!
って、中味も大人にならねば・・・・・(これむずかしいぞ)
  • agaudi
  • 2011.11.20 Sunday 10:29
コロママさん

すごく久しぶりにワンズのいない週末を過ごしましたが、ワンズの事を忘れそうに
なりました!(爆)
北陸の海の幸は最高ですね。自然もいっぱい、魚だけじゃなくて
お菓子も美味しいし、野菜も美味しい。
伝統文化も守られていて、感動しました。
日本っていいですねー!
  • agaudi
  • 2011.11.20 Sunday 10:40
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album