ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2014.07.13 Sunday

都会なイベント参加と房総食材な週末

パン教室の先生が都会のワインバーのオープン一周年パーティでのお料理を担当されると伺ったので
友人と一緒に参加させて貰いました。
西麻布にあるオッサレなビィルディングにあるワインバー。
ドレスコードもあって、ん???着てく服あるか!?とちょっとドキドキしながらの参加。

オーナーさんはイケメンな外人さん。奥様は日本人でとてもお美しい方でしたわー。美男美女カップルにうっとり。


先生はほとんど睡眠をとらないで準備をする数日だったそうです。
30人のゲスト用のお食事を自宅で用意して、持参するんですもの、大変でしたでしょう。
大変お疲れ様でした。


さてさて、こんなステキで可愛らしいピンチョスの数々。
狭い店内でチョコチョコ頂くのにとても食べやすいサイズになっていて
おもてなしの心を感じました。


昼間から美味しいワインまで堪能させて頂きました。楽しい都会な時間を有り難うございました!


そしてそのまま友人と二次会へー。
又飲んで食べました。
写真を撮るとかいう事はすっかり忘れ、夜長を楽しみました。笑




土曜は一日遊び歩いていたので、日曜日は反省しながら地元をウロウロ。



美味しい野菜達や近海のお魚を仕入れてコツコツ手仕事をしておりました。


前日飲み過ぎ食べ過ぎも、夕方にはすっかり忘れ、又食べてしまいました。。。

大好きな空芯菜のサラダ。シャキシャキでうんまいのです。
その他夏野菜はなんでも美味しいですよね〜。




アイナメちゃんを仕入れましたので、皮目をバリっと炙って和風なカルパッチョにしました。
旬のミョウガたっぷりそえて。






完熟トマトはガスパチョに。青唐辛子でちょっぴりピリッと。
ガスパチョ美味しいですよね〜。夏にぴったり。



野菜をたっぷり補充し、さて今週又仕事がんばれますかしら。

3連休を心待ちにがんばりましょう!

本格的に暑くなってきましたね。

無理せずがんばりましょう〜





 
2014.04.13 Sunday

薬膳プライベートグループレッスン



川崎の薬膳名人主宰のプライベートグループレッスンに参加してきました。
ワクワク感満載です。

ご自宅におじゃまするとステキなテーブルセッティングが出迎えてくれてました。

はーん、やっぱり一眼持っていけばよかった。
慣れないコンデジはやっぱりダメダメでした。



メンバー全員そろったところでまずは、春の薬膳について国際中医師の資格も持つ名人が難しいけど
分かりやすく講義してくれました。
ちょっとだけさわっただけですが、楽しく生きるエッセンス満載で引き込まれました。

そしてお待ちかねの食事です。


春の青いポタージュにソラマメの春巻。
蔦屋さんのへぎ板に乗ってやって来ました。絵になりますね。


セロリたっぷりのパテカンに、ウドの取り合わせ。
ウチから嫁に出した金柑も仲間に入れて頂きました。


そして、ここでコンデジ電池切れという最悪な事に・・・・・。ちーーーーーん。


これから先のお料理などは

同席して頂いた
蔦屋の女将さんのブログ
名人の薬膳お仲間で中華料理教室を主宰されているひろみさんのブログ
そして名人のブログをご覧くださいね。


どのお料理もとても美味しく、薬膳なのにとても親近感あって二重丸以上の口福でした。
ご馳走さま〜、ホントに美味しかった!


お腹いっぱいになって幸せになって、体も喜んで、いいことづくめな一夜でした。
そしてご一緒して頂いた皆さんとの語らいもとても楽しかったです。

名人ちゃん、そして裏方さんとしてサービスしてくださったダンナ様、ご一緒してくださった皆様
どうも有り難うございました。
いろいろな出会いに感謝です。

 
2014.04.06 Sunday

肉不足により

ソメイヨシノは葉桜になり、次なる八重やしだれが満開になりました。

すごい早さで春が進んでおりますね。
明日からの一週間はGW並みの気温になるとか。
じゃ、GWは梅雨に突入ってこと??
それは勘弁・・・・世の中の多くの人達が楽しみにしてる休日なんですから。。。。もち、わたくしも!


さて、
ようやく会社の期末の死にそうな処理も落ち着き、さすがに疲れを感じた週末でした。
おまけに花粉が酷くなってきて、めずらしく体調も絶不調でした。

そうなるといつもより更に「食い気」が・・・・(笑)
皆様は疲れたときは何を欲しますか???

わたしはやっぱり肉にくニク〜なお肉です。それもめったに食べない牛さん!
ごくたま〜にガッツリすてーき食べたくなります。
な訳で、ステーキ焼きました。
かみしめる赤身の厚いステーキ♬。元気に一歩近づく感じでした。


そして今日は近くに住む友人のご両親から新鮮なすずきを頂いてしまいました。
地元のセリがたまたま手に入ったので、セリとスズキの小鍋仕立。
もう一品は生麩と根菜の豆乳味噌グラタン。
熱いの一本漬けたい感じでしたけど、花粉症酷いので我慢我慢。
スズキ、せり、薄い出汁。 うはうまでございました。



そして今週のデザートは

クリームチーズパウンド、ゆずジンジャー風味。

おまけは先週焼いたフロマージュブランの蕎麦粉タルト。
房総チーズ工房のフロマージュブランと房総百花ハチミツを使いました。
蕎麦粉を料理やお菓子に使うのはちょっと難しい。火の通り時間が小麦粉と違うし焼きの温度調節も難しい。
納得いくまで時間かかりそうですー。




 
2014.02.23 Sunday

猿の脳みそ茸

ごめんなさい、全く写真のない、ウマウマな話。

昨夜は中学高校の同級生と池上の「松花江」という薬膳中華のお店でちと遅い新年会してきました。

ここ、めっちゃ美味しかった。

友人が全て手配してくれたおかげで珍しい、美味しいメニューを堪能させてもらいました。

乾燥豆腐そうめんの前菜、フカヒレがゴロンと底に埋まったキヌガサダケの薬膳スープ、絶妙な焼き具合のアヒルの燻製、
鹿のアキレス腱とアワビ茸の煮込み等々。

そして今回初めて口にしたのは猿の脳みそ茸というきのこ。

中国でも食べる人は少ない珍しいきのこだそう。強い匂いを持ち、下処理に非常に時間と手間がかかるそう。
シャキシャキもっちりした歯ごたえとうま味・・・♡
臭い匂いはもはやありません。
見た目が猿の脳みそそっくりなんで、そういう名前なんだそう。

美味しいお酒と美味しい食事。
我が町までの距離は果てしなく遠くても、こんな美味しいものが頂けるなら山越え海越え向かいます!

楽しい一時をありがとうございました。


一夜明けて、今日は又田舎な生活に戻ってしまってます。
とはいえ、今週末は久しぶりにセグロのいいのが入りました!
又トロ箱一杯我が家に届き、今日は彼らと格闘してました。

活きのいいところで今夜は寿司。
小口の青ネギが欲しかったかな。無かったので白髪ネギと生姜てんこもりで。
いくらでも食べれてしまうお寿司です。
またお腹いっぱい食べてしまう事になってしまいました・・・






 
2014.02.04 Tuesday

六本木 ラシャッスの夜



コテコテのジビエを食べに行ってきました。
六本木ラシャッス
オーナーシェフとソムリエの奥様2名で切り盛りされているフレンチレストラン。

こちらのご夫婦、お二人ともハンター。
この時期休日は全て狩猟に出かけ、自ら仕留めた野鳥たちを素晴らしい料理に仕立てて食べさせてくださいます。

このレストラン、
我が家のガンドッグオリーブのドッグトレーナーさんに紹介頂きました。
シェフの愛犬ブリタニーのルネちゃんもこのトレーナーさんにトレーニングを受け、今では素晴らしいガンドッグとして
シェフや奥様の右腕となって活躍してます。
そのトレーナーさんに紹介受けて、行って参りました。


お店の内装は中世のヨーロッパのお城の中のような雰囲気です。
座席数はそれほど多くはありませんが、早い時間から満席です。人気なのですね〜・


もうこの日を楽しみに楽しみにしておりました。
そしていよいよ夢の時間の始まりです!!

メニューを開くと全てのお料理が国産ジビエです。しかもオーナー夫妻が仕留めるか、夫妻のお知り合いの方が
とってきたもの。豚とか牛とかという文字は一切ありませんでした。
ワクワク。

佐賀の鴨の温製前菜。下にひいてあるものも様々な種のジビエのパーツで出来てます。
そして秋にシェフが山奥で採ってきたセップ茸と烏骨鶏の蒸し物。
はぁ・・・


あれ、このムースなんだったかな〜。美味しかったのに忘れてしまいました・・・・
そして御殿場シギの脳みそやら諸々


こちら北海道の熊のパイ包み焼きに蝦夷雷鳥!
雷鳥って国の天然記念物ですよね−。
北海道に生息する蝦夷雷鳥だけは一定数とってもいいそうです。
雷鳥食べれるのなかなか無いですよね。
淡泊な身ながら味が濃く、美味しいっ!

熊は木の実の香りのするお肉でした。強い香りにも関わらず、イヤな香りではなく、ナッツ系の香りでした。



エゾシカの雄雌食べ比べ。
男女それぞれお味が違うんです。ため息。。。


このほかにも写真撮りきれてないご馳走の数々、、、、、、

そしてデザートも手が込んでいました。
お一人でどうしてこんなに出来るのかしら・・・・

凄いの一言


全て大満足で、全て全く真似出来ません!

一年に一度、こんな贅沢許されるでしょうか。

舌に感じる幸福感に満たされた一夜でした。

ご一緒してくれたお友達の皆様、

来シーズンも野鳥?野獣?食べ尽くしましょう!


 
2014.01.18 Saturday

セグロ祭り


今シーズン最高のセグロイワシを手に入れてしまった。。。
ピカピカ。


新年会から帰宅してから深夜から解体開始。
下処理終わったのは夜中の2時半。。。。。。

自分でもアホだと思います。


その量2キロ以上。



一部は塩水に5時間ほどつけてから干し、保存食に。

夕食は居酒屋開店っ!
今日はセグロ祭りだよ〜。

お作り、カルパッチョ、つみれ汁、塩焼き

ヤリイカのフリットも又作ってしまった。コンロ周りは酷いことになるけど
カラマリフリットやめられない感じです。

寒いけどキャベツはもう春キャベツの季節。
STAUBで蒸し煮にしてゆず胡椒ヨーグルト和え




急速に衰えてきている脳みそにすこしDHA補給できたかしら。

DHAってインフルエンザ菌に対しても強いらしいです。
若年性何とかにも効果あると尚いいのに〜。

受験生の皆さん、しっかり青魚DHA摂って頭シャキッとがんばってくださいね〜。

明日の日本を支えて頂かなくては!









 
2013.12.09 Monday

ヴィラデストワイナリーの夕べ

前回の続きです。

あの素晴らしい夜景は長野にある玉村豊男さんのワイナリー、ヴィラデストのカフェレストランからの景色でした。
素敵でしょう、遠くに見渡す山の稜線がなんとも美しく見える丘陵の上にワイナリーはあります。

こちらで、玉村さん主宰のパーティーが開催され、わたくし、ずーずーしくもちゃっかり参加させて頂いた訳です。

誘ってくださったのはこちらのお嬢様達。
お腹がまだ湿っててキュートなミリ姫様と心優しいルナお嬢様
寛大な心をお持ちのこの方々のお誘いで、のこのこ押しかけてしまいました。
お招き頂きまして本当に有り難うございました!!


前回の幸せすぎるスイーツ達の前はこんな現実があったのです。

オーナー玉村さんの開始の挨拶と同時に出てきたのは何種類もの前菜達♡
地元産洋なしと生ハム
地鶏のテリーヌ?
サーモンのブリュレ
カルパッチョ


ポロネギのソテー(うーん、ポロネギの具合が絶妙!シャキシャキしてうんまーでした♡)
ウニの濃厚ムース


生クリームたっぷりキノコの茶碗蒸し
おじゃがと蕪のグラタン仕立て

ごぼうのミネストローネ。


これら、何回おかわりしてもいいんです!
この先のメインもですがっ。

おかわりしたいのをぐっとこらえ、次を待ちました。

で次はメイン二種
ビーフワイン煮込みベリー風味にポークフィレのアップルソテー添え

お肉も感動的なんですが、付け合わせの野菜や添え物が又美味し過ぎなんです。


フレッシュ長野やさいのサラダや
彩りも素敵な焼き野菜達。


この方の心意気を十二分に享受し、魔法にかかった数時間でした。
素晴らしいおもてなしを有り難うございました!



意地汚いわたくし、もうこれ以上無理という限界まで、しっかり頂きました。

料理の勉強をしている身にとって、1品1品からとても刺激を受けました。
本当に美味しいもの、本当のおもてなしとはなんぞやと改めて考えさせられました。

忘れないうちにしっかりメモに書き留めておこうと思います。


次回はお招き頂いたお嬢様からの素敵な贈り物のお話をしようと思います。

つづく・・・
2013.12.08 Sunday

どこから見た夜景でしょうか



とある場所からの雄大な眺めです。
遠くに連なる山々は北アルプス。
何時間でも眺めていたい景色がそこにありました。


屋内のテーブルに目を写すと・・・・・・・・

多分国産の発酵バター香るアップルパイ、濃厚なクリーム纏ったロールケーキ
ベリーまったりチョコレートの数々、サクサクのレモンタルト、こちらも地栗つかった濃密モンブラン
地物フルーツのタップリ詰まったマカロン等々。
全種類写真に撮っていないんです。まだ10種類くらいあったはず。。。



一つ一つ、材料も手間もかけたデザート達。全部頂きたいっ!出来れば2ラウンド・・・・

But・・・・・・・

既にこの時点で数々のお料理を堪能した後なので、相当食い意地張ってる私でも究極の選択を必要とされました。

悩みに悩んだ末セレクトした8点。



大変美味しゅうございました。


って、ここはどこでしょう?


デザートバイキングではありませんですー(笑)


それはそれは魔法にかかった一夜でありました。


つづく。。。。。。
 
2013.09.30 Monday

優雅な食事会

 通勤用に駅近くに借りている駐車場のすぐ近くに一年くらい前、カフェらしきものが
出来ました。
らしき、というのは、ビルの二階で、私が通りかかる時間帯はオープンしていないので
そこに何があるか、よく分かっていませんでした。

そんな隠れ家カフェでとあるイベントが開催されることを知り、お邪魔させて頂きました。

福井の漆作家山岸厚夫さんと陶芸家井内素さんの器を使って頂く昼食会。

お料理は超人気ベーカリー教室を開催している佐川さんが担当です。
佐川先生のブログはこちら⇒
私の中学高校の大先輩でいらっしゃいました。
千葉県にて教室を開かれている事を知り、10月より私も生徒になる予定。
美味しいパン焼けるようになるかなあ。

全国から生徒さんが来るというカリスマ先生の料理を、超一流作家さまの器で
頂けるとは。かなり貴重な経験。


ゲストの9割以上が東京や神奈川からいらっしゃった佐川先生の生徒さん達。
何か高級感漂う空気が店内に・・・・・。
駅から会場までの道のり、田舎道をオサレな奥様達が団体で歩いていたかと想像すると
そちらもぜひこの目で見たかったなあ。(笑)

その他のゲストはカフェの内装を手がけた方やオーナーのご友人。

個性あふれる方々との会話も楽しかったです。


厨房ではちゃくちゃくと料理の準備が。


異次元の昼食会が始まりました。
各人の前にセッティングされた器はそれぞれ違うもので、どれもこれも素敵なものばかり。

早めにお店に到着していたので、お気に入りの器をチェック済みで、その席にちゃっかり
座らせて頂きました〜(笑)

美しい朱に黒い筋がほんのり入ったお重の中には
可愛らしい前菜や絶品のバゲット達が


なんともいえない色合いのそばちょこに入っていたのは旬のフルーツサラダ。
色味が映えていいですね。



しいたけちゃんが乗った角皿、しぶい! 使い勝手良さそう!



なんとも美しい色の漆のお椀。
ため息ものです。
中身は塩豚のカスレ。美味しゅうございました。




カフェの中はオーナーのセンスあふれる逸品ばかり。お値段も逸品ぞろい!
とても手が出ませんーーー。

謎が・

こんな美しい作品がボコボコおいてあるカフェ、とてもいい立地条件とは思えず。
車で素通りするようなところで、日中延べ何人の歩行者がいるか・・・
しかもビルの2F。

地元向けというより、顔の広いオーナーの関係者の方々が、きっと特急に乗って、もしくは
高速飛ばしてお店に来るのね。そうに違いない。。。





田舎モンにはもったいないような時間を過ごし、贅沢極まりなかったです。






2013.07.14 Sunday

モロッコナイト

 昨夜はおしゃれ邸にお呼ばれで、電車乗り継いで出かけてきました。
室内に入ると、既に宴会真っ最中。
あれ?一番乗りのハズが・・・・(笑) (前ボケ激しい!上手く撮れずごめんなさい)

お呼ばれした先は中学高校時代の同級生おうち

中華系のお客様が火鍋で盛り上がってる隣のテーブルは、
こんなに素敵なセッティングで待機中!
楽しい、美味しい予感が。



室内の写真をお見せ出来ませんが、とーーーーーっても素敵なおうちで
友人のセンスの良さを改めて実感しました。ダンナ様もセンスも完璧で。
ご夫婦そろってセンスいいってすごい!



そして、まだ日が沈む前から、かんぱーーい!
モロッコ料理のおもてなし。

センスのよい友人は料理のセンスも抜群です。
ごく普通に手に入る素材が、魔法のように美しく美味な料理へ変貌してました。



実山椒をたっぷり効かせた枝豆


モロッコらしさあふれるカラーのジャガイモさんは何と丸ごとレモンソースに
からまってます。口の中が爽やかでクミン香る衝撃の美味しさ。
塩ふってグリルしたナスさんはゴマの濃厚なソースをつけて。


3種のレッドマリネ。
トマト、ドライトマト、そしてスイカ!!
酸味と甘みのマッチングが素晴らしい。

これらの野菜達、そのまま食べても美味しいし、パクチーをたっぷり振りかけて
食べるとこれまた・・・ウフ



熱々の春巻き。中からとろーりとチーズあふれ出ます。
あれ、あとの具が何は入ってたか忘却の彼方・・・
まだそんなに飲んでない時だったのに。
春巻きって魅惑の食べ物ですよね。カリカリ、じゅわーーっ
とにかく美味しかった。





モロッコ式イワシのお刺身。
ヨーグルトとスパイス(グリンペッパー)の効いたソースがとても
ユニーク且つ、イワシにとても合う合う。

ガラスのお皿もとってもおしゃれで。すでにため息なんどついた事か(笑)
ため息もそう、ワインも進みます。
美味しいワインが次から次へと・・・・



お魚料理二品目はサバちゃん。

口に入れてびっくり。
しめさばとオリーブのコラボでございました。
最初は酢締めを使ったのかなと思いましたが、しめ鯖を利用していると聞いてなつとく。

しっかり塩され身が締まり、味がなじんだ鯖でないと、このお料理は出来ませんね。
オリーブの実から出るうま味がサバのきつい香りを封じこめます。

うっはーん。




すでに満腹状態でしたが、お次は

うっはんチキンシチューのクスクス添え


お野菜から出る水分だけで煮込まれた、スパイシーなシチューで
お腹一杯でもパクパク食べてしまいました。


何品目かが出てきたところで、もう一人の友人も到着し、
又一からかんぱーーーーい!

シャンパン、ワイン、ビヤーとだんだん居酒屋になってきた?
いやいや、ラベルが違いましたわ。

まだまだ美味しいものがテーブルの上にたくさん乗ってました。
全て写真に収められなかったです。(手も震えてたし。。)




途中参加の友人は、山小屋キッチンに張るタイルのサンプルを持って来てくれると
言ってましたが、持って来たのは一枚だけ・・・・
おいおい、それだけかい?(笑)

この友人、今建築中の山小屋のキッチンを作ってくれる予定。いや、作ってくれてます。

この方も同級生(笑)

そんな訳でキッチン繋がりのParty、とっても楽しかったです。

Miーーちゃん(←ポチっと)、用意大変だったことでしょう。いっぱい美味しいもの作ってくれて有り難うございました。
クセになるやも!!(笑)

今度は我が家でね!



タイル一枚only 持ち帰りで結果的にはよかったです。
酔っ払いの電車乗り継ぎの帰宅はなかなか大変でしたね。
重いタイルをあれこれ持ってたら、どこかに落としてきたでしょう・・・。





そう、同級生といえば、、、

暑さに負けず、絶賛拡散ちうーー!


Powered by
30days Album