ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2012.07.08 Sunday

蒸し暑いのか寒いのか?

 土日とも雨降ると洗濯いやですね〜。

昨日は予報では蒸し暑くなると言ってましたが、なんだか夜は寒いくらいの
房総田舎地区でした。

キリンのアイスビール(氷を入れて飲むビール)を飲もうと気合いの入った昨夜でしたので
ちょっと拍子抜けでした・・・。残念。

去年は暑い夏だった気がするので、涼しいのはいいのですが、どうなんでしょう、田んぼとかの
生育に影響が出るのでしょうか。

でも、今の心配をよそにもうすぐきっと暑い夏がやってくるのでしょうね。



雨の中歩いていたら近所のレンコン畑が花畑になっていました。


みずみずしいレンコンの花。
たくさんの雨を浴びて嬉しそう。


水が弾く素肌・・うらやましく。。。。。。








ところで、


昼寝おじさんは猫ちゃんがちょっと苦手。怖い?らしい。
でも野良ちゃんは昼寝おじさんが大好き。

どこに行っても猫ちゃんすり寄ってきます。

にゃんこもかわいいなあ〜♡♡



2012.06.25 Monday

花もパンも!

 時々パンを買いに大多喜ハーブガーデンに行きます。


あまりお菓子系ではないハード系の食事用パンが買えるお店が中にあります。

大多喜ハーブガーデンは入場料が一人500円かかりますが、500円分の金券をもらえるので
パン買うぞという目的が有る場合に行きます。

街のパン屋さんみたいにお客さんが次から次にくるようなところではないので
料金はかなり高めですが、美味しいので時たまの贅沢♡

今日の園内は夏の花々が満開でした。

花より団子じゃなくて、花もパンも!と欲張り派にお勧めです。







話しは変わって。


土曜日に仕込んだバナナプリン


世の中割とプリンが流行ってますね。
とろける、とか、幻のなんとか卵使用とか。。。

それなりに美味しいとは思うんですけどね、ちょっと値段高すぎな気がしません?。
作るのも手間かからないと思うし。。

↑も一応地物のいいたまご使用。材料費とオーブンの電気代併せても一切れ
60円もいかないんじゃないかなーー。












2012.06.20 Wednesday

台風一過

4号が日本列島を通過し、朝を迎えましたね。

皆様は大丈夫でしたか?

怪我などなければ、植木や家屋のちょっとした被害だけならヨシですね。





たまたま、昨夜撮った山帽子の木。




今朝見たら、角度が50度近く変わっていました・・・・・・・・。


次の台風に備えましょうか。




JUGEMテーマ:Nikon D7000
 
2012.06.17 Sunday

6月の恵み





今日は特に蒸してますね。
ムシムシむしむし・・・・。

この季節は房総田舎地区の暮らしはときたまキモい。

天井からムカデが降ってきたり、満月の夜に一斉にウッドデッキにナメクジが
出現したり、それほど虫嫌いじゃなくても辛い・苦笑。

でも、キモさ以上にこの季節はいろんな恵みをもたらしてくれます。

多くの雨は野菜や花たちを潤し、目で楽しんだり、収穫への期待に夢膨らみます♬






:収穫の楽しみ

友人のママパパさんから頂きました。
とーっても大きくてみずみずしい。

房総の特産ですが、お値段が高くてほとんど買った事ありませんでした。
母の住む家の庭になってる小さくてすっぱいのしか食べたことなかったので
段違いのお味にびっくり。

いつも美味しいものを有り難うございます!!


梅雨の季節もこんな恵み達があれば乗り切れるかな。



JUGEMテーマ:Nikon D7000

2012.06.10 Sunday

房総の6月

 キャンプに行こうと思って玄関に全て荷物を出し、準備万端荷物満載状態だったのに
気がつくと出かけてなかった。。。。。
そう、昼寝おじさんの寝坊が原因。ブヒ


暇なので房総の景色を撮ってみました。

どこまでも続く九十九里海岸。








我が家の前に広がるライステラスの緑も日に日に濃くなって。









絞り込んでパンフォーカスしてみるが、ブレブレになってしまった。



2012.05.12 Saturday

房総の楽しみ

 コンビニに歩いて行けないけど、駅まで徒歩40分くらいかかるけど、その駅に発着する電車は1時間平均2〜3本しかないけど、夜は真っ黒だけど、カエルの声がうるさすぎるけど、
田舎暮らしはなかなか快適です。

以前は家庭菜園もやってたけど、平日はおかまい出来ないし、農家直売所があっちこちにあるので、労力無しで美味しく、しかも安価で安全な野菜が頂けるので、いつのまにやら菜園消失♬

初夏にかけて、野菜がとっても美味しい美味しい時期です。


ラディッシュ、新にんにく、美味し過ぎのトマト、にんじん、スナップえんどう、ズッキーニ
併せて800円也

色とりどりの野菜達を選ぶのも楽しいですよね。

田舎暮らしまでいかなくても、房総日帰り生き返り旅行なぞいかがですか〜?

新緑に、みずみずしいお野菜、美味しいお魚、太陽の恵みがここにはあります。

観光地めぐりも楽しいですが、恵み探し旅行も楽しいですよん。




agaudi流 お魚が怖くなくなる最初の一歩。


用意するもの:薄手の軍手 キッチンはさみ、よく切れる包丁

愛用は滑り止めのついた薄い軍手です。
ホームセンターで3枚で140円くらいかな。

お魚は結構ヌルヌルするので軍手は必須です。怪我もしにくいです。


金時ダイさんに見本になって頂きましょう!

(写真を撮るために素手になっています)

まずは包丁の背でウロコをガシガシ取りましょう。
力を入れてガリガリと。

ウロコがとれたらさっと水洗いして、キッチンはさみで背ビレやエラヒレ
を切り取ってしまいましょう。

結構背ビレは尖っているので、怪我すると危険ですからね!


余計なヒレを取ってしまった後はマヌケ顔です。



ごめんなさい、これから先は写真撮れませんでした。手がベロベロで。

この後はお腹の内臓が入っているあたりにはさみを入れて、そーっと
尾っぽに向かって切っていきます。

中から内臓が見えてきますので、外科手術のようにソロソロと一個一個の内臓を
傷つけないように切り取っていくと、気持ちの悪いシーンもそんなに気にならないと
思います。中味があまり飛び出さなければそんなに怖くないと思いますよ。

内臓が取れたら、水道水でキレイに洗います。

水洗いはこれ一回だけがポイント。これ以上何度も洗うとせっかくのうま味が
無くなってしまいます。


ここまでが恐怖(?)のお魚解体への第一歩です(笑)

洗ったらペーパーやふきんで丁寧に水気をふきとり、ここから先は好きなように
おろしてください。
おろし方はネットであちこちに掲載されてますので、それを参考にしてね。


これだけは経験値のみです!何回もあきらめずにやってみてくださいね。



パパさんが休日に釣りに行くーなんていう、素敵な話があれば、もうやるしかありません。
パパさんまかせにしないで、一度やってみてね。


2012.04.22 Sunday

旅の準備

 もうすぐGW。
我が家には一年で一番長い休暇です。終わった後の事は考えないようにして、
今はウキウキモード全開丸です (笑)
ワンズとびったりまったり〜

今回は福島県檜原湖の山荘にこもってダラダラする予定で。。。

山は空気が美味しい、水が美味しい、山菜も美味しい♬

BUT・・・山の中なので当然新鮮なお魚さんに出会えませんよね。
渓流釣りなどして、ウデがある場合は別として。

新鮮なお魚さんをいかに美味しく長期保存させるか。

その1:ひものにする
その2:粕漬けにする
その3:冷凍しておく
その4:酢締め、昆布締めにする

他、何かいい案あったらぜひお教えください!

で、今回はその2の粕漬けを選びました。

S君が仕入れてくれたのは、

黒鯛君





















めずらしい、ソイカサゴくん

顔がカサゴで中味がソイなの?

















黒鯛君半身とソイカサゴくんのカマ


少し強めの塩をして数時間

















房総のお酒
”木戸泉”の酒粕に
本みりんをどばどば。お砂糖を少し。

ちなみに木戸泉は濃くてドロッとしててガツンとくるお酒です。











ジップロックに入れて完成♬
超簡単です。

あとは一週間くらい待つだけ。


さてさてどんなお味になるのかな?










残りの身やあらは早速お腹に入れました。

昼寝おじさんに、「何にして食べる?」と問うと・

手巻き寿司!


湯引きと生の黒鯛 それとウマズラ



鯛の白子はゆでてねぎポン


寿司醤油はウマズラ肝あえにしてこっくりと。













こカブは茎ごとサラダ仕立て。

















白身オンパレード手巻きまきまき、大変美味しゅうございました♬



なにやら真剣な視線を感じます

カブほすい

カブカブカブほすいほすい



おいらはカブより肉かケーキだじょ。


なぜかカブの茎に夢中な女子組です。






酒粕いじってると、手が白くなりますの。
両手ぐちゃぐちゃになるのイヤだから右手だけでいじってたら、右手だけ白くなりました。

慌てて左手もカスの中に突っ込みました。笑


美白効果ってやつ?????

















2012.04.08 Sunday

大漁

最近サカナネタが多すぎ?かも?

房総田舎地区在なので、もっと房総を宣伝せねば、と魚でがんばっております。
なんのこっちゃ。

 

とにもかくにも、ひどい天候続きで海も大時化状態でしたが、昨日は大漁だったようです!
いなだ、ほうぼう、鯵、マトウダイ
アイリーカフェの主人S君が鼻息荒くぶら下げてきてくれた魚さん達です。

全て解体したら、写真に収まりきれないほどになりました。
家にあるバットも足りない!
大きな皿を総動員して、解体作業に取り組みました。





4種の魚のアラスープは暇そうに"ふて寝"をして待ってくれていた我が子達へ
プレゼントしましょう。


ヒマでつまんない。

















この匂い気になりましゅ。




















zzzzzzzz,,,,,,,,,,,























アラに鶏レバーを入れた、人間にはあまり嬉しくない感じのスープが
ストーブの上で煮込まれています。

家の中は魚とレバーのコラボ臭が漂っていまーーーーーす(汗)



ところで、先週房総に又素敵なレストランがオープンしました。
ゆくゆくは宿泊も出来るオーベルジュになるそうですが、先にレストランが
先行してオープンしました。

森の中でゆっくりのんびり過ごそうという感じの意味かな。
上総一ノ宮の海岸沿いからちょっと奥に入ったところに、自然そのままの敷地に建つ
海外のお洒落なレストランのようなたたずまいのお店があります。

シェフはモナコのとある億万長者のプライベートヨットというかクルーザーの
専属シェフだった人で、帰国してこの地にお店をオープンさせました。

お味はもう言うことありませんですすす。
房総の空気、房総の食材、お店の空気、自然のままのガーデン、全てを感じながら
頂けるお料理です。
ガーデンではワンコも同伴できます!!


お値段も非常にリーズナブルなので、房総においでの際はぜひこちらも
お立ち寄りくださいね。


今朝は又ずいぶん冷えますね。

都会は桜満開で盛り上がっていそうですが、皆さんお風邪などひかれないように。




2012.04.01 Sunday

春眠不覚暁

 ググってみるとこういう解説が出てきた。

人は生まれ乍らに仏心を具備し、教えずとも、おのずから輝き出る天真爛漫眠りのしぐさがそれを語る。それを妨げるものは大人の欲。陽が高く昇ってもなお静かに眠る童子はどんな夢を見ているのだろうか。春の眠りは深い。盛唐の詩人孟浩然(689〜740)の「春暁」の一句。


 こんな意味だったっけ??
最後の一節の記憶しかなかった・・・・(大汗)

でも、なるほどこの子達の天真爛漫というかムクなネムネム顔を見ていると
わたひの心はつくづく邪心だらけだと思い知らされますね・




房総田舎地方も春が目に見えてきましたよ〜




忙しい現代社会に生きる皆様

春は深い眠りについて、童心にかえりましょう♬





2012.03.24 Saturday

ちょっとしたストレス解消法

 まだまだ寒い感じの千葉田舎地区ですが、世の中てきにはもう3月も末。

仕事も期末でなんだかんだと忙しい。

会社の机の上は片付けられない女達状態(いつもだけど)
プライベートでもちょっと悲しい事があって、少しブルーな一週間でした。


週末は美味しい魚が食べたいなあとふと思いつき、友人にメールしました。

「今日は何の魚入っていますか?」

「ホウボウ、金時、うまずら、むしがれい」と返答

「ほすい・・・・」

「入札してあげますね!」

「○○君、ありがとーーーーー♬」いつもワガママを聞いてくれるとてもいい方です。



そうして我が家にやってきた愛すべきさかなさん達

まずはホウボウ君



一緒に寄り添ってるのはウマヅラ君
ホモだち♡


そしてムシガレイさん 虫鰈とも書きます。
この子、房総で挙がるのは珍しいです。
山陰の海でよく獲れるみたい。



あーあ、この3兄弟ちゃん達、これから解体され、人間に食べられちゃうね。
ごめんね、美味しく隅々まで食べるから許してね〜。



さてさて、まな板の上に乗ってしまいました・・・・・


数十分後・・・・・・

解体終了!



ウマヅラ君は皮をはがされてしまいました〜。
肝の美味しそうなこと。
お見事な肝さんですね。



がっつりサカナ君達と向き合って、いいストレス解消になりました〜。

ありがとーーーーー♬

感謝感謝です。

数時間後、美味しく頂きますからね。


さて、何にして食べましょうかね。

Powered by
30days Album